【やさしい株式入門】そもそも「株」ってなんだろう?

そもそも「株」ってなんだろう?

株式投資を始める前に、そもそも「株」って何?と素朴な疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?株とは一体どういうものなのか、ここで一度おさらいしておきましょう。

企業と投資家は支えあう関係

株式投資をしたことがない人にとって「株」という言葉を聞くと「何か難しそう」「私には無理」と何となく近寄りがたいイメージがあるのではないでしょうか。でも安心してください。株式投資のしくみは非常に簡単です。

大企業は事業を行うのに莫大な資金が必要となります。銀行からお金を借りると利子がかかりますし、返済の期限もハッキリしなければなりません。ですから一般から広く出資者を募り、お金を出資してもらった代わりに、いくら出資してもらったのかを証明するためのチケットを発行します。それが「株」です。

出資した投資家は見返りとして「配当金」や「株主優待」などを受けることができます。また株が値上がりすれば「売却益(キャピタルゲイン)」を得ることもできます。

つまり株式投資は企業と投資家がお互いにメリットを持ち「支え合う関係」で成り立っているのです。

株には長い歴史がある!

「株」のはじまりには色々と説がありますが、一番有力とされているのが1602年に設立された「オランダ東インド会社」です。

当時ヨーロッパでは「大航海時代」。オランダ東インド会社では、航海により香辛料や絹などの物資を買い付けていました。このような物資の買い付けを行うためには大きな船や船乗りが必要でした。これらの莫大な資金を調達するに貿易を営む企業から出資を募り、運営資金を調達していました。

航海に成功すれば出資は何十倍にもなって戻ってきます。しかし、航海の途中で海賊に襲われたり、嵐で船が沈んだりすれば出資金は戻ってきません。このようにリスクを1つの会社で背負うのではなく、出資によってリスクを分配するという方法がいつの間にか生まれたのです。

・航海に成功すれば貿易で得た利益の分け前を出資者と分配する
・失敗した場合は集めた資金は没収となる。

そして、この出資を証明するための証券は人々の間で自由に売買されてのです。

これは当時としては実に画期的なしくみでした。そしてこの時に発行された証券が、世界ではじめての「株」ではないかといます。

このような企業と投資家の株を通じた関係は、現在の株式投資でもほとんど変わっていません。17世紀から続いている由緒ある営みに参加すると思えば、それだけで株式投資の楽しみが感じられるのではないでしょうか。

まとめ

「株」とは、投資家が企業に出資したことを証明するためのチケット。企業と投資家は「株」を通じて繋がっているのです。

株初心者の方へ

・投資のプロのアドバイスを受けたい。
・株をはじめたばかりで自分の判断に自信が持てない。
・優良株情報サイト・投資顧問会社の情報を利用したい。

このように思っている方は下記をクリック。
投稿・口コミから厳選した株情報サイトをご紹介します。

おすすめ株情報サイト