【やさしい株式入門】為替相場が株価に影響するのはなぜ?

株情報サイト口コミ評判com口コミボタン

為替相場が株価に影響するのはなぜ?

今回は「為替」が株価に影響するということを学んでいきましょう。為替とは円と外貨が取り引きされる時のレートのことです。なぜ外貨が日本国の株価の値段に影響を与えるのでしょうか?

円高・円安とは?

普段から良く聞く「為替」、実際言葉にしようとするとまとめるのが難しくありませんか?「為替」とは円とドル、円とユーロといったように円と外貨を交換する時のレートのことです

その変動するレートにより注目されるのが「円安」「円高」です。

「円安」とはどういうことかというと、「ドルに対して円の価値が下がるとこと」です。1ドル=100円の時は、100円で1ドルの物を買えますが、1ドルが120円になると、同じ1ドルでも120円出さないと買えません。

また逆に「ドルに対して円の価値が高くなること」を「円高」といいます。企業が海外から仕入れをする場合には、円高の方が有利になります。どうしてかというと、1億ドルの買い付けをするとしましょう。その時に1ドルが120円だった場合は120億円を払わなければなりませんが、1ドルが100円の時は100億円で済みます。

逆に海外で製品を売る場合はどうでしょうか?この場合は円安の方が有利になります。なぜなら海外で1億円の売り上げがあった時、1ドルが100円なら100億円ですが、1ドルが120円だった場合は120億円支払われることになるからです。

ここまでをまとめると海外からモノを買う時は円高、海外でモノを売る時は円安がお得ということになります。

為替相場は株価にどのような影響を与えるのか?

まず例に出すとソニーやトヨタ自動車のように輸出の多い企業の場合は、「円安」になれば売上が増えるのでプラスの要因です。しかし、海外から材料や原料などを輸入している企業にとっては「円安」では仕入れのコストがかさんでしまいます。コストがかさむと業績も苦しくなり、株価が下がる要因になります。

また「円高」の場合に海外から食料などが安く輸入されるようになると、国内の物価が下がります。物価が下がると、企業も個人も資金に余裕ができるので、株式市場に流れる資金が増え、買い手も増えることで株価は上がります。

さらに忘れていけないことがあります。外国人投資家の存在です。「円高」になれば、為替の変動を狙って、外国人投資家が日本株へ投資額を増やし始めます。そうなることで株価は上昇します。しかし、「円高」にしても「円安」にしても、企業が対応できないような急激な為替の変動は経済を混乱させる原因となることは間違いありません。

まとめ

為替相場は株価と複雑に絡み合っている。輸出業企業では売上高に、輸出業では仕入れに大きく影響します。

株初心者の方へ

・投資のプロのアドバイスを受けたい。
・株をはじめたばかりで自分の判断に自信が持てない。
・優良株情報サイト・投資顧問会社の情報を利用したい。

このように思っている方は下記をクリック。
投稿・口コミから厳選した株情報サイトをご紹介します。

おすすめ株情報サイト
投資を行う方へ

株式投資は、価格・金利・為替の変動など様々な要因で株価が変動します。大きな利益を得る時もあれば、投資元本を割り込み、損失が出てしまう恐れがありますので、リスクやルールなどを良くご理解した上で投資に取り組まれてください。また投資の最終決定はご自身の判断とご責任で行ってください。