【やさしい株式入門】「始値」「終値」「高値」「安値」について

「始値」「終値」「高値」「安値」について

株価を読み解いていくためには、株価に関する基本用語を押さえなければなりません。まずはその代表格である「四本値」から憶えていきましょう。

チャートの表示に必要不可欠な「四本値」

株価は一日の取引の中で変化を続けているのは理解されていることかと思います。その中で、最初に売買が成立した値段のことを「始値」、逆に最後についた値段を「終値」といいます。期間に関しては一日に限定したものではなく、一週間、一ヵ月といった期間で表現する場合もあります。

また「前日終値」という言葉もありますが、これは土日を除く全営業日の終値のことを指しています。

証券取引所の立ち合い時間は午前中である「前場」、午後である「後場」の2部に分かれています。前場が始まって最初に売買が成立した取引のことを「寄り付き」と言いますが、この株価が「始値」です。また後場の最後に売買が成立した取引のことを「大引け」といいますが、この株価が「終値」です。しかし、大引けで売買が成立しない「ザラバ引け」の場合には、その株価が終値になります。

そしてその日の取引でもっとも高い値段で成立した売買を「高値」、反対にもっとも安くついた取引を「安値」と呼んでいます。

そしてこれら4つを総称して「四本値」と呼んでいます。4本値はその銘柄の動きを示す基本的な数字として「ローソク足」を使った株価チャートにも利用されています。

「高値」「安値」応用編!

「高値」「安値」にはさまざまな関連用語があります。新高値とは、今までになかった史上最高の値段。「開設来新高値」、「昨年来新高値」といったように時々の用途に合わせて使われます。

また「年初来高値」とは、その名の通り最高の値段のことです。しかし、証券会社によっては、前年の1月1日から当日までの間の高値を指すこともあります。

同じように一番安い値段は「新安値」その年で最低のの値段は「年初来安値」と呼びます。

また終値がその日一番の高値で終わると「高値引け」、値上がりのエネルギーを残したまま、その日の取引が終わったということであり、投資家にとっては翌日の始値が気になる大引けになります。

まとめ

四本値とは「始値」「終値」「高値」「安値」のことを言います。この四本値は株価の動きを知る上で欠かせない数字となります。

株初心者の方へ

・投資のプロのアドバイスを受けたい。
・株をはじめたばかりで自分の判断に自信が持てない。
・優良株情報サイト・投資顧問会社の情報を利用したい。

このように思っている方は下記をクリック。
投稿・口コミから厳選した株情報サイトをご紹介します。

おすすめ株情報サイト
投資を行う方へ

株式投資は、価格・金利・為替の変動など様々な要因で株価が変動します。大きな利益を得る時もあれば、投資元本を割り込み、損失が出てしまう恐れがありますので、リスクやルールなどを良くご理解した上で投資に取り組まれてください。また投資の最終決定はご自身の判断とご責任で行ってください。