【やさしい株式入門】「一般口座」と「特定口座」の違いは?

特定口座
特定口座

「一般口座」と「特定口座」の違いは?

特定口座制度を活用すると、証券会社が源泉徴収を行うので確定申告をしなくても済みます。メリット・デメリットが両方あるので、しっかりと把握して賢く利用しましょう。

特定口座の開設には申し込みが必要

証券税制の大幅な改革の一環として2003年1月から新たに「特定口座」と呼ばれる制度が新しく登場しました

特定口座とは証券会社が税金を源泉徴収してくれることにより、投資家が確定申告をしなくてもすむ口座。株の売却益への課税方法が申告分離課税に一本化されたのを受けて、確定申告になじみの薄い個人投資家の負担を減らすことを目的として設けられた。

この口座を利用するためには、証券会社に特定口座開設の申し込みをする必要がある。しかし、特定口座は1証券会社にひとり1口座しか作ることができません。なかには特定口座制度を導入していない証券会社もあるので事前に確認が必要です。

2つの「特定口座」それぞれの特徴は?

特定口座には、「源泉徴収ありの特定口座」と「源泉徴収なしの特定口座」の2タイプがあります。投資家は、その年の最初の売却までにアリ、ナシの選択を行います。一旦、売却してしまうと年が変わるまで変更できないので注意しましょう。

源泉徴収アリの特定口座を選択した場合には、取り引きで売却益が出るたびに、証券会社が税金を源泉徴収して税務署に収めてくれます。ただし、年間を通しての売却益が20万円以下であれば、税金を納めずに済ませることもできますが、このような場合であっても、いったんは源泉徴収されてしまうことになります。

特定口座を開設すると。証券会社では一年間の売買損益を取りまとめた年間取引報告書を作成してくれます。源泉徴収なしの口座を選択した場合には年間取引が20万円を超えると確定申告をしなければなりませんが、この「年間取引報告書」を添付すれば比較的簡単な手続きで確定申告をすることができます、

どの口座にも一長一短があります?

従来型の口座である一般口座の場合にも売却益が20万円を超えたら確定申告をする必要があります。

ただし、特定口座と違って「年間取引報告書」は作成されません。取引のたびに送付される取引報告書をもとに、自分で年間の損益を計算する必要があります。

まとめ

特定口座には、「源泉徴収ありの特定口座」と「源泉徴収なしの特定口座」がある。それぞれのメリット・デメリットを知って選択しましょう

株初心者の方へ

・投資のプロのアドバイスを受けたい。
・株をはじめたばかりで自分の判断に自信が持てない。
・優良株情報サイト・投資顧問会社の情報を利用したい。

このように思っている方は下記をクリック。
投稿・口コミから厳選した株情報サイトをご紹介します。

ボタン
投資を行う方へ

株式投資は、価格・金利・為替の変動など様々な要因で株価が変動します。大きな利益を得る時もあれば、投資元本を割り込み、損失が出てしまう恐れがありますので、リスクやルールなどを良くご理解した上で投資に取り組まれてください。また投資の最終決定はご自身の判断とご責任で行ってください。