【やさしい株式入門】「損益計算書」で企業の儲けた方を知ることができる

株情報サイト口コミ評判com口コミボタン

「損益計算書」で企業の儲けた方を知ることができる

「損益計算書」は5段階に分けて利益が記載されています。企業の収益や費用がどこで発生しているのか明らかにしてくれる重要なデータです。

収益から費用を引いて、5つの「利益」を算出している

「損益計算書」には、企業の一年間の収益と費用が一覧でまとめられています。「損益計算書」では一番上の段に売上高を記入し、下に向かって収益から費用を差し引くことで、5つの段階での「利益」を出しています。

「営業利益」とは、いわゆる本業からの利益のことをいいます。売上高から、仕入れ原価や製造原価などの売上原価、販売費や一般管理費を差し引いて計算しています。

次に「営業利益」から、本業以外の活動によって得られた「営業外収益」や「営業外費用」などを加減して「経常利益」を計算します。

「営業外収益」とは、預金利息や不動産賃貸収入、「営業外費用」とは、借入金の支払い利息などを指します。

「経常利益」から土地売却や巨額の貸倒損失などの臨時の損益である「特別損益」を加減することで、「税引前当期純利益」を算出します。

そして、そこから税金を差し引くことで「当期純利益」が確定します。最後に、「当期純利益」に前期繰越利益などを加え、株主に配当された中間配当額をマイナスすれば株主への配当金の対象となる「当期未処分利益」が得られるのです。

なお、売上高から売上原価を差し引いた利益を「売上総利益(粗利益)」と呼んで区分しているところもあります。

損益計算書を読み解くポイント

ひと口に「利益」といっても、それが本業で儲けたものなのか、副業で儲けたものなのかが分からなければ、その企業の真実の姿は見えてきません。

「損益計算書」では、それぞれの利益を段階的に追うことによって、何で儲けているのか、はたまた何が原因で損失が出ているのかを探ることができます。

例えば「営業利益」が赤字なら肝心の本業が業績不振だということです。「営業利益」が黒字にも関わらず「経常利益」が赤字なら借入金の利息などに追われている実情が浮かび上がってきます。

さらに「経常利益」が赤字なのに「税引前当期純利益」が黒字なら、土地や建物などを無理に売却して業績を良く見せようとしている可能性もあります。「損益計算書」を分析することで、その企業の内情を垣間見ることができるのです。

まとめ

損益計算書は、企業の一年間の収益と費用についてまとめた一覧表。収益から費用を差し引き最終的にどれだけ儲けが出たのかを示します。

株初心者の方へ

  • 投資のプロのアドバイスを受けたい。
  • 株をはじめたばかりで自分の判断に自信が持てない。
  • 優良株情報サイト・投資顧問会社の情報を利用したい。

このように思っている方は下記をクリック。
一般利用者からの投稿・口コミから厳選した株情報サイトをご紹介します。

おすすめ株情報サイト
投資を行う方へ

株式投資は、価格・金利・為替の変動など様々な要因で株価が変動します。大きな利益を得る時もあれば、投資元本を割り込み、損失が出てしまう恐れがありますので、リスクやルールなどを良くご理解した上で投資に取り組まれてください。また投資の最終決定はご自身の判断とご責任で行ってください。