【やさしい株式入門】「株主資本比率」「株主資本回転率」とは?

株主資本比率
株主資本比率

「株主資本比率」「株主資本回転率」とは?

株主資本は企業にとって返済の必要のない、好都合な資金源です。この「株主資本」を異なる側面から分析しているのが「株主資本比率」「株主資本回転率」になります。このコーナーではこの2つの分析方法についてみていきましょう。

「株主資本」と「自己資本」はほぼ同じもの

株主から預かったお金(株主資本)は、貸借対照表の「純資産の部」とイコールになっています。企業の資本はすべて株主が出資したお金で成り立っているという考えから、資本金や資本準備金、利益剰余金などと合わせたものを「株主資本」と呼んでいるのです。

また株主資本は返済の必要のない資本であることから「自己資本」とも呼ばれます。この場合、負債の部は、他人から借金という意味で「他人資本」と表現されます。

このように、株主資本を表す名称は時と場合によって変化しますが、基本的に同じものを指していると考えて良いでしょう。

株主資本比率で財務の安全性が分かる。

「株資本比率」とは、総資産(総資本)に占める株主資本の割合を示した指標。財務の安全性を示す指標として利用されており、「自己資本比率」とも呼ばれています。

株主資本は、金融機関などからの借金である他人資本と異なり、返済義務がありません。配当金の支払いについても、金利の支払いと違って、業績に応じて弾力的に行うことができます。株主資本は企業経営にとって安定的かつ、好都合に利用できる格好の資金源なのです。

ですから、総資産に対する株主資本の割合が大きいということは、それだけ企業経営の安定性が高いことの証明です。

株主資本回転率で資本の効率性が見える

株主資本が効率よく運用されているか見るための指標が、「株主資本回転率」です。「株主資本回転率」では、株主資本が売上高を通じて何回新しいものに置き換えられたかという視点から資本の即効性を分析しています。「株主資本回転率」が高ければ高いほど、資本効率がよいということになります。

「株主資本回転率」は、総資産をもとに効率性を分析する「総資産回転率」と比較して使わることもあります。

総資産回転率と比較したときに、株主資本回転率がかなり高くなっている場合には、負債である他人資本が総資産に占める割合が相当高いということができます。

まとめ

「株主資本比率」は、総資産に占める株主資本の割合を示す。「株主資本回転率」は、株主資本が売上高を通じて何回置き換えられたかを示す。

株初心者の方へ

  • 投資のプロのアドバイスを受けたい。
  • 株をはじめたばかりで自分の判断に自信が持てない。
  • 優良株情報サイト・投資顧問会社の情報を利用したい。

このように思っている方は下記をクリック。
一般利用者からの投稿・口コミから厳選した株情報サイトをご紹介します。

ボタン
投資を行う方へ

株式投資は、価格・金利・為替の変動など様々な要因で株価が変動します。大きな利益を得る時もあれば、投資元本を割り込み、損失が出てしまう恐れがありますので、リスクやルールなどを良くご理解した上で投資に取り組まれてください。また投資の最終決定はご自身の判断とご責任で行ってください。