【やさしい株式入門】EPS(一株当たり利益)とBPS(一株当たり株主資本)

EPS(一株当たり利益)とBPS(一株当たり株主資本)

「一株当たり利益」を表すEPSと「一株当たり株主資本」を表すBPS。どちらもファンダメンタルズ分析のベースとなる指標です。

EPSで企業の成長力が見える

EPSとは一株当たり利益を示す指標です。この場合の利益とは、税引き後の当期純利益のことをいいます。これを発行済み株式数で割ることで算出することが出来る。

「PER(株価収益率)」を計算する際のベースでもあり、利用頻度の高い指標だといえるでしょう。長期的に見ると、株価はEPSの動きに連動することが多い。ですから、その企業の過去のEPSや予想EPSがどのように推移しているかを見ることで、成長力を分析したり、今後の株価を予測したりできます。

EPSを分析する際に注意したいのは、計算のもととなる当期純利益が、その企業の事業活動の「結果」でしかないということです。

例えば、業績悪化をカバーするために有価証券や土地の売却益を計上している場合などは、EPSが伸びているからといってその企業に成長力があるとは言えません。ですから、特別曽根木が大きいい場合には、成長力を適切に表す指標とならない可能性があります。

またEPSは、利益を増やす以外にも、自社株消却によって発行済み株式数を減らせば高めることができます。

BPSで企業の安定性が分かる

BPSとは1株当たりの株主資本を示します。1株当たりの純資産とも呼ばれています。こちらもPBR(株価純資産倍率)を計算する際にベースになる重要な指標です。

BPSは企業が解散した時の1株当たりの株主の「取り分」を示しています。BPSが高ければ高いほど、その企業の安定性は高く、投資価値を大きいと言えます。

会社四季報を使えば簡単に調べられる

EPS、BPSはファンダメンタルズ分析のベースとなる指標。決算書を入手したり、自分で計算したりしなくても「yahoo!ファイナンス」や「会社四季報」などから簡単に数字を調べることできます。

この場合、EPSは「1株利益」「1株益」、BPSは「1株株主資本」などと表記さている場合がほとんど。むしろEPS、BPSと表記されていることの方がめずらしいことを念頭においておきましょう。

まとめ

長期的に見ると株価はEPSの動きに連動することが多い。BPSが高いほど企業の安定性は高い。

株初心者の方へ

  • 投資のプロのアドバイスを受けたい。
  • 株をはじめたばかりで自分の判断に自信が持てない。
  • 優良株情報サイト・投資顧問会社の情報を利用したい。

このように思っている方は下記をクリック。
一般利用者からの投稿・口コミから厳選した株情報サイトをご紹介します。

おすすめ株情報サイト
投資を行う方へ

株式投資は、価格・金利・為替の変動など様々な要因で株価が変動します。大きな利益を得る時もあれば、投資元本を割り込み、損失が出てしまう恐れがありますので、リスクやルールなどを良くご理解した上で投資に取り組まれてください。また投資の最終決定はご自身の判断とご責任で行ってください。