【やさしい株式入門】ROA(総資産利益率)で分かる総合的な収益性

ROA(総資産利益率)で分かる総合的な収益性

総合的な収益性を見るための指標が「ROA(総資産利益率)」。現在では「ROA(総資産利益率)」の改善も経営目標に掲げられています。

ROA(総資産利益率)は全資産での収益性

企業の収益性を判断する場合に、ROE(株主資本利益率)と並んで用いられるのが「ROA(総資産利益率)」です。総資本利益率と呼ばれることもあります。

ROAとは、その全資産を使ってどれだけの利益を上げたかという、投下資本の総合的な収益性を見るための指標で、ROAの値が大きいほど、その企業は総合的な収益性が高いということができます。

ROEが当期純利益を株主資本で割って計算するのに対し、ROAは当期純利益を総資産(期首と期末の平均)で割って算出します。つまり、ROEよりも総合的な収益性を示しているのがROAということになります。

分子に使う利益は、当期純利益が一般的ですが、営業利益、経常利益などが使われることもあります。この場合には、それぞれ「総資産営業利益率」「総資産経常利益率」などと名前が変わることになります。

銘柄選びの際には、ROA単独で見るのではなく、同業者との比較や過去のROAの推移などを見て、投資判断の目安にする必要があります。また最近では、ROEだけではなくROAの改善も経営目標に掲げる企業が増えています。

PBRの算出の仕方

ここまでそれぞれ紹介してきた「PER(株価収益率)」「PBR(株価純資産倍率)」「ROE(株主資本利益率)」ですが、これらの指標には以外とも言える繋がりがあります。

それはROEにPERを掛けるとPBRが算出できるということ。このような計算が成り立つのは、これからの指標がどれも「EPS(一株当たり利益)」「BPS(一株当たりの株主資本)」といった基本指標をベースとしているからです。

一見バラバラに見えるこれらの投資指標ですが、こうしてそのしくみを紐解いていくと、お互いに密接な関わりがあることが浮かび上がってくるのが分かります。また、このように違った角度から各指標を捉えることで、それぞれの指標に対する理解度を深めることができるに違いありません。

まとめ

ROAは、企業が全資産を使ってどれだけ利益を上げたかという総合的な収益性を見るための指標。ROEにPERを掛けるとPBRが算出することができます

株初心者の方へ

  • 投資のプロのアドバイスを受けたい。
  • 株をはじめたばかりで自分の判断に自信が持てない。
  • 優良株情報サイト・投資顧問会社の情報を利用したい。

このように思っている方は下記をクリック。
一般利用者からの投稿・口コミから厳選した株情報サイトをご紹介します。

おすすめ株情報サイト
投資を行う方へ

株式投資は、価格・金利・為替の変動など様々な要因で株価が変動します。大きな利益を得る時もあれば、投資元本を割り込み、損失が出てしまう恐れがありますので、リスクやルールなどを良くご理解した上で投資に取り組まれてください。また投資の最終決定はご自身の判断とご責任で行ってください。