【やさしい株式入門】PCFR(株価キャッシュフロー倍率)で成長力を読む

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)で成長力を読む

「PCFR(株価キャッシュフロー倍率)」はキャッシュフローを意識した指標です。企業の成長力を的確に判断することができるので非常に役立つ、重要な指標のひとつです。

PCFRはPERを補完する注目の指標

「PCFR(株価キャッシュフロー倍率)」はPER(株価収益率)を応用した指標で、株価を1株当たりキャッシュフローで割ることによって計算します

「PCFR(株価キャッシュフロー倍率)」で示されている「キャッシュフロー」とは、税引き後の当期純利益に減価償却費を加えたもの。つまり、手元に詳細なキャッシュフロー計算書がないことには、肝心の「キャッシュフロー」の金額を自分で計算することができないのが、この指標の難点だと言えるでしょう。

ですから「PCFR(株価キャッシュフロー倍率)」を計算する場合には、便宜的に「営業活動によるキャッシュフロー」の数字を使うのも良いかもしれません。しかし、「営業活動によるキャッシュフロー」には、減価償却費以外にも貸倒引当金や棚卸資産の増減が加味されているので、この計算結果はあくまでも目安だということを念頭においておく必要があります。

PCFRもPERと同様、倍率が高いと割高、低りと割安と言えます。通常は、市場全体や同業他社と比較して株価が割高なのか割安なのかを判断します。

正確性を増すために減価償却費を加味

「減価償却費」とは、工場や機械類、店舗などに投資したあとに毎年計上される、いわば「架空の費用」。この分のお金は、実際には企業の手元に残っていることになります。

PERを計算する際に用いられる当期純利益は、減価償却費を差し引いた後の利益です。しかし、設備投資に積極的な企業ほど減価償却費がかさみ、当期純利益は目減りしています。

積極的に設備投資をしているために減価償却費がふくらんでいる企業と、利益を設備投資に使わずに内部留保している企業とを比較した場合、EPS(1株当たり利益)は同じでも、当然、株価の評価は変わってくるべきでしょう。

そこで、将来に向けて積極的に設備投資している企業の努力を評価するために、PERを補完する指標としてPCFRが注目されるようになってきたというわけです。

PCFRは、当期純利益に減価償却費を加えた「キャッシュフロー」をもとに計算していることから、より的確に企業の将来の成長力を見ることができる指標だと言えます。

まとめ

キャッシュフロー重視の風潮のなか、PCFRはPERを補完する指標として注目されています。

株初心者の方へ

  • 投資のプロのアドバイスを受けたい。
  • 株をはじめたばかりで自分の判断に自信が持てない。
  • 優良株情報サイト・投資顧問会社の情報を利用したい。

このように思っている方は下記をクリック。
一般利用者からの投稿・口コミから厳選した株情報サイトをご紹介します。

おすすめ株情報サイト
投資を行う方へ

株式投資は、価格・金利・為替の変動など様々な要因で株価が変動します。大きな利益を得る時もあれば、投資元本を割り込み、損失が出てしまう恐れがありますので、リスクやルールなどを良くご理解した上で投資に取り組まれてください。また投資の最終決定はご自身の判断とご責任で行ってください。