【やさしい株式入門】「移動平均線」でお買い得度が分かる

「移動平均線」でお買い得度が分かる

プロの投資家から個人投資家に至るまえ幅広く活用されている「移動平均線」その基本的なしくみをここで学んでおきましょう。

移動平均線のしくみってどうなってるの?

「移動平均線」とは、過去の一定期間における株価の終値の平均値をグラフ化した線のことです。この移動平均線を使った分析は、ポピュラーな手法として広く活用されています。

移動平均線には「5日移動平均線」「13週移動平均線」など、いろいろな期間のものがあります。短期では「25日移動平均線」が、長期では「26週移動平均線」などがよく利用されています。

移動平均線は、平均をとる期間を徐々にずらして計算しています。例えば、「5日移動平均線」の場合は、常に直近の5日間の終値の平均値を線に表しています。

1日経過すると、その日の株価が新たに組み入れられ、前日の計算に用いられた株価のうち、最も古い株価が計算対象から除外されて新たに平均値が計算されるというしくみ。同様に、「13週移動平均線」という場合には、13週間の毎週の終値の平均値をを表しています。

移動平均線の推移は、株価そのものの動きよりも滑らかなため、株価の細かい動きにとらわれずに、相場のトレンドを読むことができます。

移動平均線は期間の取り方が決めて

移動平均線は、短期的な動きが知りたいなら短期のものを、長期的な動きを知りたいなら長期のものを用いるのが一般的です。

例えば、「5日移動平均線」の場合、移動平均値における当日の占める比率は5分の2ですが、「25日移動平均線」の場合には25分の1になります。つまり、移動平均線の期間が長くなればなるほど、当日が占める割合が小さくなるのには不向きということになってしまいます。

このように、移動平均線を使って分析する場合には、どの期間のものを用いるかという選択が重要です。投資期間が短期なのか、長期なのかによって、移動平均線を使い分けるとよいでしょう。

ただし、移動平均線は前提として、短期よりも中長期的な投資の判断に向いている手法だとううことを覚えておく必要があります。

また、株価と移動平均線を用いた代表的な判断手法として「グランビルの8法則」があります。これは、株価ラインと移動平均線の重なり方から売買のポイントを探るものです。

まとめ

「移動平均線」とは、過去の一定期間における株価の終値の平均値をグラフ化した線です。どの期間の移動へ金線を用いるかがポイントになります。

株初心者の方へ

  • 投資のプロのアドバイスを受けたい。
  • 株をはじめたばかりで自分の判断に自信が持てない。
  • 優良株情報サイト・投資顧問会社の情報を利用したい。

このように思っている方は下記をクリック。
一般利用者からの投稿・口コミから厳選した株情報サイトをご紹介します。

おすすめ株情報サイト
投資を行う方へ

株式投資は、価格・金利・為替の変動など様々な要因で株価が変動します。大きな利益を得る時もあれば、投資元本を割り込み、損失が出てしまう恐れがありますので、リスクやルールなどを良くご理解した上で投資に取り組まれてください。また投資の最終決定はご自身の判断とご責任で行ってください。