【やさしい株式入門】ローソク足の基本形

ローソク足-大陽線-大陰線
ローソク足-大陽線-大陰線

ローソク足の基本形

ローソク足のパターンは限りなく存在します。そのすべてを網羅するのは至難の業です。このコーナーではまずは、基本の形を紹介していきます。

柱とヒゲの長短が意味するものは?

「ローソク足」には様々なパターンが存在します。ヒゲの有無や長さ、複数のローソク足の組み合わせによってさまざまです。そのすべてを網羅、マスターしようというのは至難の業です。しかし、基本のパターンが身についていれば、ある程度は応用して分析することが可能です。まずは基本形が意味するところをしっかりと読み取れるようにしましょう。

柱とヒゲの長短は、ローソク足の分析において重要なシグナルとなります。柱は、その色で相場の方向を、長さで相場の勢いを示します。また、ヒゲの長短は相場の迷いを表しています。長ければ長いほど、投資家の間で大きな迷いが生じ、攻防が繰り広げられているといえます。

柱がなく、ヒゲだけが十字に交差している形を「寄引同時線」と呼びます。「寄引同時線」は、始値と終値が同じ場合に現れる形で、投資家に迷いが生じてる証拠。この形が天井圏(株価が高いところ)で現れると売りのシグナル、底値圏(株価の低いところ)で現れると売りのシグナルだと言われています。

「大陽線」「大陰線」は何を示しているの?

相場の勢いが強いときに現れる「大陽線」「大陰線」は、チャートを読み解くうえでポイントとなるローソク足の基本形です。

「大陽線」は、柱の長い陽線のことで、株価の大きな上昇を示すものです。一方の「大陰線」とは、柱の長い陰線。株価の大きな下落を示しています。

この2つはトレンドの転換点に現れる、象徴的な形と言えます。つまり、底値圏で大陽線が出ると大底を確認したことになり、多くの場合、株価は上昇を始めます。反対に、天井圏で大陰線が出ると大天井を形成したことになり、株価は下落を始める可能性が大きいとされています。

まとめ

柱の長短は相場の勢いを、ヒゲの長短は相場の迷いを表しています。「大陽線」と「大陰線」はトレンドの転換点に現れることが多い

株初心者の方へ

  • 投資のプロのアドバイスを受けたい。
  • 株をはじめたばかりで自分の判断に自信が持てない。
  • 優良株情報サイト・投資顧問会社の情報を利用したい。

このように思っている方は下記をクリック。
一般利用者からの投稿・口コミから厳選した株情報サイトをご紹介します。

ボタン
投資を行う方へ

株式投資は、価格・金利・為替の変動など様々な要因で株価が変動します。大きな利益を得る時もあれば、投資元本を割り込み、損失が出てしまう恐れがありますので、リスクやルールなどを良くご理解した上で投資に取り組まれてください。また投資の最終決定はご自身の判断とご責任で行ってください。