【やさしい株式入門】ローソク足の応用編②

トンボ
トンボ

ローソク足の応用編②

ローソク足のパターンはまだまだあります。そのすべてを紹介することはできませんが、これらの定番パターンは覚えておくと良いでしょう。

「トンボ」は相場の転換期の足掛かり

「トンボ」とは、上ヒゲがほとんど、あるいはまったくない十字線のことです。形がグラウンド整備する「トンボ」にしていることからそう呼ばれるようになりました。

「トンボ」は売り勢力に押されて大幅に下落した後、買い勢力が勢いを盛り返して始値とほぼ同じ水準までに戻したものの、始値を超えるほどに勢いがなかった時に表われます。

株価が天井圏にある時に現れれば、買いの勢いが衰えてこれから下降に向かう可能性を示唆していることになります。反対に、底値圏にあるときに現れれば、買い勢力がジワジワと強さを増し、これから上昇に転じる可能性が高いと言われています。

「かぶせ線」が天井圏に出現したら要注意

「かぶせ線」とは、前日の太陽線のあと、その終値よりも高く始まったはいいものの、終値は前日の柱の中心を下回る大陰線となっている形を指しています。大陰線が大陽線の上からかぶさるように突き出しているので、このように呼ばれています。

かぶせ線は、買いが一巡し、売りに転換するサインと言われています。特に、天井圏でかぶせ線出現すると、典型的な大崩れのパターンになることが多いようです。

「切り込み線」は株価上昇のサイン

「切り込み線」とは、大陰線の次に大陽線が出現し、なおかつその陽線のアタマの部分が陰線の中心よりも上に位置している形のことです。底値圏で強力な買いが入った時に現れます。

「かぶせ線」とは反対に切り込み線が出現すると、株価が上昇に転じることが多いと言われています。

まとめ

「トンボ」は相場の転換点を示唆する重要な形。一方的な上げ下げが続いたあとのトンボには要注意が必要です。

株初心者の方へ

  • 投資のプロのアドバイスを受けたい。
  • 株をはじめたばかりで自分の判断に自信が持てない。
  • 優良株情報サイト・投資顧問会社の情報を利用したい。

このように思っている方は下記をクリック。
一般利用者からの投稿・口コミから厳選した株情報サイトをご紹介します。

ボタン
投資を行う方へ

株式投資は、価格・金利・為替の変動など様々な要因で株価が変動します。大きな利益を得る時もあれば、投資元本を割り込み、損失が出てしまう恐れがありますので、リスクやルールなどを良くご理解した上で投資に取り組まれてください。また投資の最終決定はご自身の判断とご責任で行ってください。