【やさしい株式入門】株の税金のしくみ

株の税金しくみ
株の税金しくみ

株の税金のしくみ

売却益(キャピタルゲイン)を得た時や配当金を受け取った時は税金がかかります。このコーナーでは、その基本的なしくみを知っておきましょう。

申請分離課税」に課税方式が一本化

株式投資にかかる税金は主に2つあります。ひとつは売却益(キャピタルゲイン)を得た時にかかるキャピタルゲイン課税、そしてもうひとつは配当金を得た時にかかる配当課税です。

キャピタルゲイン課税については、源泉分離課税と申告分離課税から選択することになってしましたが、2003年1月から新証券税制と呼ばれる新しい課税制度がスタートしました。課税方式が申告分離課税に一本化されました。

申告分離課税とは、売却代金から売買委託手数料などを差し引いた所得を、ほかの所得とは分離して課税するというものです。一年間に売却した上場企業の株売却益と売却損を通算し、20万円を超える売却益が出た場合には、翌年の決められた期限内に確定申告しなければなりません。

とはいっても、給料所得しかないサラリーマンにとって、株の売却益だけのためにわざわざ確定申告をするのは面倒な話です。そこで、申告分離課税への一本化と同時に申告不要制度という制度も創設されました。

これはあらかじめ証券会社に特定口座を呼ばれる専用の口座を開設しておけば売却益が出るために証券会社が税金を源泉徴収し、代わりに納税してくれるという便利なシステムです。

ただし、特定口座はすべての証券会社が導入を義務付けられているわけではありません。そのため、証券会社によっては特定口座制度を導入していないところもあります。

株初心者の方へ

  • 投資のプロのアドバイスを受けたい。
  • 株をはじめたばかりで自分の判断に自信が持てない。
  • 優良株情報サイト・投資顧問会社の情報を利用したい。

このように思っている方は下記をクリック。
一般利用者からの投稿・口コミから厳選した株情報サイトをご紹介します。

ボタン
投資を行う方へ

株式投資は、価格・金利・為替の変動など様々な要因で株価が変動します。大きな利益を得る時もあれば、投資元本を割り込み、損失が出てしまう恐れがありますので、リスクやルールなどを良くご理解した上で投資に取り組まれてください。また投資の最終決定はご自身の判断とご責任で行ってください。