【やさしい株式入門】「特定口座」と「一般口座」どっちがいいの?

特定口座
特定口座

「特定口座」と「一般口座」どっちがいいの?

最近よく耳にする人も多いのではないでしょうか「特定口座」。このコーナーでは「特定口座」がどんなものなのかを見ていきましょう。

「特定口座」には2つのタイプがある

「特定口座」には、「厳選徴収あり」「源泉徴収なし」の2タイプがあります。それ以外にも従来の保護預かり口座にあたる一般口座があります。

投資家が「特定口座」を使用する場合、その年の最初の譲渡、または口座開設時に「源泉徴収ありの特定口座」か「源泉徴収なしの特定口座」の選択を行わなければなりません。また一度株を売却してしまうと、その年の途中では変更できないので注意が必要です。

2つの口座のそれぞれの利点

「源泉徴収あり」の特定口座のメリットは、売却のたびに証券会社が売却を計算して源泉徴収してくれるので、基本的に確定申告の必要がないところにあります。

しかし、裏を返すと年間で通算した場合売却益が20万円以下で、税金を払う必要がない場合でも一回一回の売却で売却益が出るといったん税金が天引きされてしまうことになります。

一方「源泉徴収なし」の特定口座の場合、年間の株の売却益が20万円を超えているなら、自力で確定申告をしなければなりません。

しかし、一年間の損益をまとめた年間取引報告書が送られてくるので、確定申告の手続きは以外と簡単に終わります。

年間で通算した売却益が20万円以下になりそうなら「源泉徴収なし」の特定口座を選び、確定申告をしないで済ますというのが新証券税制への一番スマートな対処報になります。

一般口座ならではのメリット

一般口座の場合には、1年間の損益をとりまとめた「年間取引報告書」をもらうことができません。したがって、確定申告をする場合には、1年間たまりにたまった「取引報告書」とにらめっこをして、年間売買曽根木を確定する必要があります。

直前になってあわてないためにも日ごろから取引の記録を自分でも管理することが大切になってきます。しかし、「厳選徴収なし」の特定口座と同様に、年間売却益が20万円以下なら確定申告しないですむことや「みなし取得価格」の特例を利用できるなど、一般口座ならではのメリットあります。

まとめ

特定口座には、「厳選徴収あり」「源泉徴収なし」の2タイプがあります。それ以外にも従来の保護預かり口座にあたる「一般口座」があります。

株初心者の方へ

  • 投資のプロのアドバイスを受けたい。
  • 株をはじめたばかりで自分の判断に自信が持てない。
  • 優良株情報サイト・投資顧問会社の情報を利用したい。

このように思っている方は下記をクリック。
一般利用者からの投稿・口コミから厳選した株情報サイトをご紹介します。

ボタン
投資を行う方へ

株式投資は、価格・金利・為替の変動など様々な要因で株価が変動します。大きな利益を得る時もあれば、投資元本を割り込み、損失が出てしまう恐れがありますので、リスクやルールなどを良くご理解した上で投資に取り組まれてください。また投資の最終決定はご自身の判断とご責任で行ってください。