【株ニュース・株情報】9/14(木)日経平均の寄り付きは前日比から45円安でスタート

日経平均20170914
日経平均20170914

9/14(木)日経平均の寄り付きは前日比から45円安でスタート、19860円となっている

14日の日経平均は反落からスタートした。13日の米国市場は株価の上昇を受けたことによりハイテク株に利益確定の売りが広かった。また相場が動意つく材料が貧しく、まちまちの展開といったところだった。

原油相場や長期金利上昇が好感されたことにより、引けにかけては上昇傾向に。シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円高の19745円。為替相場は1ドル110円前後と前日比から円安方向へ触れて推移している。

寄り付きの時点では、前日までの三連騰を受け、株価上昇に対する利益確定の売りが強まったが、円安を好感する動きも見られて、今日の日経平均は売りと買いが交錯する展開となるだろう。

業種別の値上がりでは、33業種中26業種が値上がった。一位は繊維で、金融、工業、石油・石炭と続いている。値下がり上位には不動産、建設、陸運が並んでいる。

売買代金上位は下記より

  1. (7974)任天堂(株)
  2. (1570)(NEXT FUNDS)日経平均レバレッジ上場投信
  3. (3105)日清紡ホールディングス(株)
  4. (6758)ソニー(株)
  5. (8306)(株)三菱UFJフィナンシャル・グループ
  6. (9984)ソフトバンクグループ(株)
  7. (7203)トヨタ自動車(株)
  8. (8035)東京エレクトロン(株)
  9. (6752)パナソニック(株)
  10. (3481)三菱地所物流リート投資法人

このような悩みを持つ方に朗報

  • 投資のプロのアドバイスを受けたい。
  • 株をはじめたばかりで自分の判断に自信が持てない。
  • 優良株情報サイト・投資顧問会社の情報を利用したい。

下記より、一般利用者からの投稿や口コミから厳選した株情報サイトをご紹介します。

ボタン
投資を行う方へ

株式投資は、価格・金利・為替の変動など様々な要因で株価が変動します。大きな利益を得る時もあれば、投資元本を割り込み、損失が出てしまう恐れがありますので、リスクやルールなどを良くご理解した上で投資に取り組まれてください。また投資の最終決定はご自身の判断とご責任で行ってください。