【株ニュース・株情報】9/26(火)日経平均の寄り付きは前日比から48円安でスタート

日経平均20170926
日経平均20170926

北朝鮮の情勢による地政リスクによる上値追いは慎重になる気配。その一方で、安部首相は25日、臨時の党役員会を開き、その挨拶で28日召集の臨時国会で衆院を解散して、衆院選を行うことを正式に発表した。政策の期待が高まる中、押し目買いの意欲は非常に高く、下値の堅さは意識されるだろう。また中間配当の権利取りの動きも下支えとなることだろう。

また、日経平均に関して言えばもち合いのレンジだった20000円~20200円を上回って推移してる。また年初来高値水準に位置していて需給状況を良好となており、そのため売り仕掛け的な動きも出しづらいところ。

しかし中小型株など、個人主体の銘柄について一気に利食いに傾きやすい流れもあり、値動きの荒さ注意が必要だ。

寄り付き業種別

値上がり上位

  1. 鉱業
  2. 石油
  3. 空運
  4. ガラス土石
  5. 陸運

値下がり上位

  1. 電気機器
  2. 倉庫
  3. その他製品
  4. 機械
  5. その他金融

売買代金上位は下記より

  1. (7974)任天堂(株)
  2. (6178)日本郵政(株)
  3. (1570)(NEXT FUNDS)日経平均レバレッジ上場投信
  4. (7203)トヨタ自動車(株)
  5. (9984)ソフトバンクグループ(株)
  6. (8306)(株)三菱UFJフィナンシャル・グループ
  7. (7201)日産自動車(株)
  8. (9432)日本電信電話(株)
  9. (6858)ソニー(株)
  10. (8411)(株)みずほフィナンシャルグループ

このような悩みを持つ方に朗報

  • 投資のプロのアドバイスを受けたい。
  • 株をはじめたばかりで自分の判断に自信が持てない。
  • 優良株情報サイト・投資顧問会社の情報を利用したい。

下記より、一般利用者からの投稿や口コミから厳選した株情報サイトをご紹介します。

ボタン
投資を行う方へ

株式投資は、価格・金利・為替の変動など様々な要因で株価が変動します。大きな利益を得る時もあれば、投資元本を割り込み、損失が出てしまう恐れがありますので、リスクやルールなどを良くご理解した上で投資に取り組まれてください。また投資の最終決定はご自身の判断とご責任で行ってください。