【株ニュース・株情報】9/27(水)日経平均の寄り付きは前日比から60円安でスタート

日経平均20170927
日経平均20170927

9/27(水)日経平均の寄り付きは前日比から60円安で続落のスタート、20269円となっている

前日の欧州株市場は堅調な動きとなっており、米国株市場でもNYダウが小幅だが4日間の続落となったが、ハイテク株の切り返しが始まりナスダック指数は反発した。

外国為替市場は1ドル=112円台の前半の推移と円安傾向。外部環境的に悪くない状況となっている。しかし、きょうは9月末の配当権利落ち日に当たり日経平均株価に表面上の下げの圧力がかかっているのは否めない。権利落ち分は130円程度と試算されており、この金額を即日埋められるかが注目されている。

前日の終値から換算すると20200円辺りが基準になるとみられる。足元でこう着感の強い相場展開が続いているが、これまでのレンジである20000~20200円を上回って推移していたこともあり、配当落ちとはいえ20200円のところで踏ん張りをみたいところ。TOPIXの落ち分は約12.4ptとなっている。

また米半導体のマイクロンテクノロジーは6-8月期決算を発表した。売上高、一株利益ともに予想を上振れて時間外取引で上昇して推移している。

そして米アップルも値ごろ感から反発しており、ハイテク株の戻りが下支えとして期待される。だが、北朝鮮を巡る地政学リスクが警戒されているが、積極的な上値追いは限られるだろう。物色についても段々と内需・ディフェンシブ系にシフトしてくる可能性が高い。

そこから考えると子育て支援や社会インフラなどの政策関連に値幅取り狙いの資金が集まり易い面があるだろう。その他では、個別で強気格付けや格上げが観測されている。例えばアニコムHD<8715>、日本CMK<6958>、IDEC<6652>、すかいらーく<3197>が注目を集めている。

寄り付き業種別

値上がり上位

  1. 倉庫
  2. 紙パルプ
  3. その他製品

値下がり上位

  1. 石油
  2. 卸売
  3. 輸送用機器

売買代金上位は下記より

  1. (7974)任天堂(株)
  2. (1570)(NEXT FUNDS)日経平均レバレッジ上場投信
  3. (6178)日本郵政(株)
  4. (7203)トヨタ自動車(株)
  5. (9984)ソフトバンクグループ(株)
  6. (8306)(株)三菱UFJフィナンシャル・グループ
  7. (7201)日産自動車(株)
  8. (8411)(株)みずほフィナンシャルグループ
  9. (6098)(株)リクルートホールディングス
  10. (6858)ソニー(株)

このような悩みを持つ方に朗報

  • 投資のプロのアドバイスを受けたい。
  • 株をはじめたばかりで自分の判断に自信が持てない。
  • 優良株情報サイト・投資顧問会社の情報を利用したい。

下記より、一般利用者からの投稿や口コミから厳選した株情報サイトをご紹介します。

ボタン
投資を行う方へ

株式投資は、価格・金利・為替の変動など様々な要因で株価が変動します。大きな利益を得る時もあれば、投資元本を割り込み、損失が出てしまう恐れがありますので、リスクやルールなどを良くご理解した上で投資に取り組まれてください。また投資の最終決定はご自身の判断とご責任で行ってください。