ミョウジョウ・アセット・マネジメントの口コミ・評判を徹底検証!│株情報サイト・投資顧問会社

myoujyou

株情報サイト・投資顧問会社「ミョウジョウ・アセット・マネジメント」

株情報サイト・投資顧問会社「ミョウジョウ・アセット・マネジメント」口コミは?評判は?
利用してから後で後悔のないように株情報サイト・投資顧問会社「ミョウジョウ・アセット・マネジメント」利用者の口コミ・評判をしっかりと確認しましょう。このページでは口コミ・評判に合わせて、「株式情報の特徴・質」「投資実績」「料金コース・プラン」「サポート・フォローのレベル」など、株情報サイト・投資顧問会社「ミョウジョウ・アセット・マネジメント」に興味のある方へ有益な情報をお伝えできるように記事を集めました。ご覧になられた方のお力に少しでもなれれば幸いです。

myoujyou05423

ミョウジョウ・アセット・マネジメントの会社情報/サイト情報

 

サイト名 ミョウジョウ・アセット・マネジメント
サイトURL http://www.myojoam.net/
メールアドレス info@myojoam.net
電話番号 (03)6230-1911
法人名 ミョウジョウ・アセット・マネジメント
代表者 菊池 真
所在地 〒106-0032 東京都 港区 六本木4−2−14 NOMOS六本木ビル 2階
判定 検証中
[br num=”1″] button

検証中

口コミ満足度[star rating=”0″]

推奨銘柄・売買指示 [star rating=”0″]

会員サポート[star rating=”0″]

■特徴

さて、今回は「ミョウジョウ・アセット・マネジメント」を検証していきましょう。

「ミョウジョウ・アセット・マネジメント」は「ミョウジョウ・アセット・マネジメント株式会社」が運営する会員制の投資顧問会社・株情報サイトです。

ミョウジョウ・アセット・マネジメント株式会社 代表取締役 菊池 真氏について

「菊池氏」は大学卒業以来20年間以上一貫して、日本株式運用を中心に資産運用業務に携わっていた方のようです。

日本株式運用に長く携わってきた者として「日本人の日本株離れの進行」を大変懸念しているとのこと。

そこで、現在でも日本株式を売買している方々の役に立てるように、また日本人の日本株離れの流れを少しでも止められるように、個人投資家の方々向けの業務をい開始すること決心したとのことです。

「菊池氏」が過去の経験を通じて学んだ最も重要なことは、株式市場は「上昇」「高値もみ合い」「下落」「安値もみ合い」という4つのフェーズで成り立っているサイクルであり、株価予測のために有効なファクターはフェーズごとに変わる、ということのようです。

すなわち、常に有効なファクターというものは存在せず、いわゆる教科書的なアプローチでは全くワークしないどころか、逆に作用する局面も存在するとのこと。

また、短期的な株価予測をするにあたって、「需給」というファクターは常に重視すべきであることも、過去の経験から学んだ重要なことだということです。

そして「菊池氏」は日本株離れの最大の原因は「成功体験の少なさ」にあると思っているとのこと。残念ながら日本株はもはや右肩上がりの状況ではなく、多くの期間においてボックス相場が今後も続き、買いだけではなく、売りからも入って成功体験することが、日本株離れに歯止めをかけるためには不可欠だと考えているとのことです。

ですから「ミョウジョウ・アセット・マネジメント」では市場見通しや銘柄推奨だけでなく、需給分析に有効なデータを提供。少しでも会員の株式投資の役にたてることができ、末長くお付き合いいただければ幸いですとのことです。

■コース・プラン・料金設定

■推奨ポートフォリオ・短期推奨銘柄

「ミョウジョウ・アセット・マネジメント」ではカラ売り推奨銘柄に、特に力を入れているようです。

2003年12月以来、日本株ロング・ショート・ファンドの運用助言をしており、その経験を通じてわかったことがいくつかあるとのこと。

1.ロング(買い持ち)よりもショート(カラ売り)のほうが的中率が高い。
2.ロングよりもショートのほうが、思惑が外れたときの損失が小さい。
3.株価上昇が継続して、ショートが増えている銘柄のショートは絶対に避けるべき。

とのことです。

通常の推奨銘柄は、投資期間1カ月から3カ月程度を想定しているとのこと。現在の推奨銘柄リストは推奨ポートフォリオから見ることができます。

また、短期推奨銘柄では投資期間1カ月以内を想定している推奨銘柄を見ることができる・短期推奨銘柄は、推奨アイデアがあるときのみの配信となりますので、推奨銘柄がないこともあるとのことです。

レポート会員の皆様への推奨銘柄は、一定以上の流動性(出来高)があるものに限定しますが、双方向会員の皆様へは流動性に劣る銘柄も推奨いたします。

■需給分析データ

株価は最終的には需給で決まる。例えば、同じ上方修正に対する株価の反応は、多くの短期投資家が買いポジションを持っている場合はさほど上がらないことが多いですが、逆に多くが売りポジションを持っていたら株価は大幅上昇する。短期投資家の需給状況をモニターするためのデータが以下の3つ。買い残が多い銘柄を買うことは必ずしも間違いとは言えませんが、売り残が多い銘柄をカラ売りすることは、それがどんなにひどい銘柄であったとしても避けるべきです。結構な上昇相場があり、その際に買い残、売り残とも積み上がり、株価がピークアウトして売り残が急激に減って、買い残はまだ高止まりしている、という銘柄は絶好のカラ売り対象とのことです。

■レーティング・ポイント

セルサイド・アナリストのレーティングをストロング・バイを5、バイを5、ホールドを3、セルを2、ストロング・セルを1というように指数化し、平均値を出したものです。機関投資家、特に外人投資家はセルサイド・アナリストの評価の高い銘柄を好む傾向にあるので、外人投資家が買ってくるときにはレーティング・ポイントの高い銘柄が買われ、売ってくるときにはレーティング・ポイントの高い銘柄が売られます。

また、セルサイド・アナリストの方々はタイミングの差はあっても、皆ほぼ同じ情報に基づき似た様な分析をし、似た様な投資判断をする傾向があるので、レーティング・ポイントがまだ高水準(目安は4.0以上)ながらも前回比で低下している銘柄は、将来さらにレーティングの引き下げがある可能性が高いので「売り候補」、逆にレーティング・ポイントが低水準(目安は3.2以下)ながらも前回比で上昇している銘柄は、将来さらにレーティングの引き上げがある可能性が高いので「買い候補」ということです。。

■コンセンサス業績予想

アナリストカバレッジ7人以上の銘柄のコンセンサス業績のまとめです。

■サービス内容

・提供情報
セルサイド・アナリストのレーディング・ポイント(毎月更新)
セルサイド・アナリストのコンセンサス業務予想表
需給分析データ
1.信用ネット買い残、売り残増減ランキング(毎月更新)
2.空売り報告上位銘柄ランキング(毎月更新)
3.貸し株レンディング・レート

銘柄推奨

■利用者の皆様へ

このページでは株情報サイト・投資顧問会社「ミョウジョウ・アセット・マネジメント」に関する口コミ情報を利用者の方から募集・掲載しております。「提供情報について」「投資実績について」「サポートについて」など、どんなことでも構いません。投稿していただけると幸いです。そして「ミョウジョウ・アセット・マネジメント」をこれからご利用を検討されている方の参考にして頂けれると幸いです。

ボタン