トレードタイム(Trade Time)の口コミ・評判を徹底検証

tradetime

トレードタイム(Trade Time)の口コミ・評判

株情報サイト・投資顧問会社「トレードタイム(Trade Time)」口コミは?評判は?
利用してから後で後悔のないように株情報サイト・投資顧問会社「トレードタイム(Trade Time)」利用者の口コミ・評判をしっかりと確認しましょう。このページでは口コミ・評判に合わせて、「株式情報の特徴・質」「投資実績」「料金コース・プラン」「サポート・フォローのレベル」など、株情報サイト・投資顧問会社「トレードタイム(Trade Time)」に興味のある方へ有益な情報をお伝えできるように記事を集めました。ご覧になられた方のお力に少しでもなれれば幸いです。

トレードタイム(Trade Time)の会社情報/サイト情報

サイト名 トレードタイム(Trade Time)
サイトURL http://www.trade-time.com/index.html
メールアドレス 表記なし
電話番号 045-532-8390
法人名 株式会社トレードタイム
代表者 表記なし
所在地 横浜市都筑区中川中央1-23-10 4F
判定 検証中

 

トレードタイムの特徴

さて、今回は「トレードタイム(Trade Time)」を検証していきましょう。

「トレードタイム(Trade Time)」は「株式会社トレードタイム」が運営する投資顧問会社・株情報サイト。

「トレードタイム(Trade Time)」は日々、個人投資家の方々をサポートしている。

トレードは短期間で上手くなるのではないと「トレードタイム(Trade Time)」は言います。だからこそ必要最低限のことを学んで、正しく継続していくことが大切で、そうすることで可能性が広がってくると言います。

「トレードタイム(Trade Time)」では2011年にサービス開始。個人投資家から証券会社やFX会社等へトレードに関する多くのコンテンツを提供しているとのこと。

■トレードは、難しいからこそ「挑戦する価値」がある!?

トレードで成功するのはわずかな人です。単に小手先だけの売買方法を覚えるだけでは生き残ることはできないとのこと。

「トレードタイム(Trade Time)」では、無料でも結果の出ているトレードの参考情報、またオリジナルチャートを使ったトレンドの確認、トレードを強化するメンタル面のコンテンツ等々、多くの情報を提供中。

提供コンテンツは下記
・T-ブレイク(無料シグナル配信中!成績好調)
・FXオプション実況中継
・FXオプション基礎講座解説
・トレーダタイムが推奨するインジケーター(ダウンロード可)
・オススメFX会社紹介
・その他動画配信

トレードタイムのコース・プラン・料金設定

■無料トレードツール進呈中

トレードルール3点セット
・トレード手法
・MT4のインジケーター2つ
・トレード解説動画

■無料メールマガジン

・最新売買トレンド情報
・マーケット情報
・トレード最新情報

■T-ブレイク売買

・ブレイクアウト手法とは何か?

相場は、日々高値更新をして上昇し続けることはありません。つまり一直線に上昇するのではなく、高値をつけたあとは、利食いの売りなどによって、調整局面を向かえ、その後また上昇する。このとき、小さな山(高値)や谷(安値)を形成しながら上昇するということです。

・ブレイクアウト手法は、直近の高値を見据えて、その後再びその高値を越えるタイミングで買いエントリーを行う。(売りは反対)。

利点は、押し目で買いエントリーを行った際は、そのままズルズルと下落し、損失となることもありますが、ブレイクアウト手法は、あるポイントまでポジションを取らないため、無駄なエントリーを減らすことができるということです。

・T-ブレイクは、将来にも使える売買手法を目指していることから、シンプルな売買手法となっている。

売買手法を作る際、多くのテクニカルを使い複雑にする個人投資家が多いのですが、将来にも使え、利益も継続して出すことを目的にする場合、過去の検証に基づいたテクニカルを数個採用するだけで十分に機能するとのこと。

・一般的に、ブレイクアウト手法は勝率が低いと言われますが、この売買手法(T-ブレイク)は、あるテクニカル分析を併用することで勝つ確率が高くなっていくとのことです。

トレードタイムをご利用の皆様へ

このページでは株情報サイト・投資顧問会社「トレードタイム(Trade Time)」に関する口コミ情報を利用者の方から募集・掲載しております。「提供情報について」「投資実績について」「サポートについて」など、どんなことでも構いません。投稿していただけると幸いです。そして「トレードタイム(Trade Time)」をこれからご利用を検討されている方の参考にして頂けれると幸いです。