21年間連勝中の日経先物システムトレードの口コミ・評判を徹底検証!│株情報サイト・投資顧問会社

21nennkann

株情報サイト・投資顧問会社「21年間連勝中の日経先物システムトレード」

株情報サイト・投資顧問会社「21年間連勝中の日経先物システムトレード」口コミは?評判は?
利用してから後で後悔のないように株情報サイト・投資顧問会社「21年間連勝中の日経先物システムトレード」利用者の口コミ・評判をしっかりと確認しましょう。このページでは口コミ・評判に合わせて、「株式情報の特徴・質」「投資実績」「料金コース・プラン」「サポート・フォローのレベル」など、株情報サイト・投資顧問会社「21年間連勝中の日経先物システムトレード」に興味のある方へ有益な情報をお伝えできるように記事を集めました。ご覧になられた方のお力に少しでもなれれば幸いです。


21nennkann

21年間連勝中の日経先物システムトレードの会社情報/サイト情報

サイト名 21年間連勝中の日経先物システムトレード
サイトURL http://225xefar.web.fc2.com/index.htm
メールアドレス 表記なし
電話番号 表記なし
法人名 表記なし
代表者 表記なし
所在地 表記なし
判定 検証中
[br num=”1″] button

検証中

口コミ満足度[star rating=”0″]

推奨銘柄・売買指示 [star rating=”0″]

会員サポート[star rating=”0″]

■特徴

さて、今回は「21年間連勝中の日経先物システムトレード」を検証していきましょう。

「21年間連勝中の日経先物システムトレード」は「21年間連勝中の日経先物システムトレード」が運営する投資顧問会社・株情報サイト。

サイトの作りは古く、投資結果も2011円でストップしていることから運営していない可能性も高いです。利用する際はくれぐれも注意が必要かもしれません。

「21年間連勝中の日経先物システムトレード」の特徴は、1988年、日経225先物が大証に上場して以来、年間ベースで負けなしのシステムトレードとのこと。どんな地合いでも利益を生み出せるシステムの運用を目指しているとのことです。

■「21年間連勝中の日経先物システムトレード」の特徴

1.デイトレシステム、持越しシステムの2システムを回転させる
昼夜の2回転させることで資金が休むことなく運用できる。

2.枚数の調整
過去データの検証により、「あがる可能性が高い場合、低い場合」「下げる可能性が高い場合、低い場合」がどうしても出てくる。可能性が高い場合、躊躇なく枚数を厚くしてトレードを行う。また可能性が低い場合には枚数を薄くしてリスクに備える。むやみやたらに毎回トレードしては意味がないとのことです。

3.過去データを検証しても上げ下げが判別しにくい場合、思い切ってトレードを休止する。
一見、特徴1と矛盾するかも知れません。しかし過去21年のデータを検証すると、どうしても上げ下げの兆候がどちらにも現れない、予測が不可能な場合、という日が発生します。そういう時は思い切ってトレードを中止するとのこと。確かに資金は眠る可能性はありますが、長期的に見た場合手数料の節約となり、間接的に利益の積み上げに寄与するとのことです。

これらの特徴はほかに類を見ないシステムの強さとなっている。日経225先物の売買サインを有料提供している業者は数多ありますが、昼夜二回転、トレード枚数の調整というシステムは非常に特徴的であるとのこと。

売買サインは「買い」または「売り」のどちらか。

枚数の調整は「ラージ1枚 日経225ミニ先物換算で10枚」から最大「ラージ5枚日経225ミニ先物換算で50枚」、ラージは1枚単位、ミニは10枚単位で変化する。これに時として「見送り」が加わるとのことです。

■日経225の利点

・流動性に優れた指数先物

資産を運用する対象は個別株、商品先物、為替、投資信託、など非常に多数ある。

堅実なかたなら銀行の定期預金を思い浮かべるかも知れませんが非常に利息が少なく、投資対象としては不向きとのこと。資金の運用対象としては、それなりの利率と流動性が必要。やはり株式とか先物で運用することとなる。

そのとき重要となることはどの程度流動性があるか?ということとのこと。

流動性は非常に重要なポイント。

では、通常の株式投資ではどうでしょうか?東証一部、東証二部、新興市場など、証券取引所ではいろいろな株が取引されている。果たして、どの株も常に高い流動性を保ち続けられるでしょうか?

新日鉄や住友金属など毎日非常に出来高の多い株は、値幅が少なく旨みがあまりなう。

しかし日経225ミニ先物ならは、毎日盛んに取引されているので旨みがあります。

あなたがネット証券会社の講座をお持ちなら、一度、日経225先物、日経225ミニ先物の取引画面を呼び出してみてほしいとのこと。

通常の株式よりももっと活発に売り買いされていることに驚かれる方もいるかもしれません。新興市場のIT株や仕手株のように激しく画面が約定の数を示しているでしょう。

日経225先物、日経225ミニ先物は流動性の点では株式とは比較にならないぐらい優れており、投資対象として大変な人気を呼んでいる。特に「21年間連勝中の日経先物システムトレード」が投資対象としている日経225先物ミニは日経225先物の弟分のようなものですが、少ない資金でも取引に参入できるとあって、次々と個人投資家の参入が相次いでいるとのことです。

■自己紹介

・職業
個人投資家、システムトレード研究家

・個人投資家として独立するまで

大学卒業後、ソフト開発会社に入社。
銀行系、証券系のシステム開発担当時に株取引の世界を知る。
最初はあくまでも仕事として株取引の勉強をしていたが、株価チャートを眺めているある日、「株価の動きには何らかの規則性、法則性があるのではないか」と思い、個別株、特に仕手株など、ボラティリティの大きいもの中心に株価の動きについて研究を始める。

その後、日経225先物取引と出会い、本格的に研究を始める。日経225先物に目をつけた理由は「市場参加者全員の意思が反映される日経平均株価、およびその先物指数取引ならば、上昇相場、下降相場、バブル期、恐慌期も特定の指向性がみいだせるのではないか?」と考え たため。ネットを通じた仲間と投資システムについて検証を重ねる。

長期間のバックテストに耐えるシステムの構築を幾度となく繰り返し、ついに完成。自分の構築したシステムの検証をするために個人投資家、システムトレード研究家として独立。現在に至る。

■コース・プラン・料金設定

※検証中

■利用者の皆様へ

このページでは株情報サイト・投資顧問会社「21年間連勝中の日経先物システムトレード」に関する口コミ情報を利用者の方から募集・掲載しております。「提供情報について」「投資実績について」「サポートについて」など、どんなことでも構いません。投稿していただけると幸いです。そして「21年間連勝中の日経先物システムトレード」をこれからご利用を検討されている方の参考にして頂けれると幸いです。

ボタン