CATEGORY チャートの見方について学ぼう

トンボ【やさしい株式入門】ローソク足の応用編②

【やさしい株式入門】ローソク足の応用編②

ローソク足の応用編② ローソク足のパターンはまだまだあります。そのすべてを紹介することはできませんが、これらの定番パターンは覚えておくと良いでしょう。 「トンボ」は相場の転換期の足掛かり 「トンボ」とは、上ヒゲがほとんど…

ローソク足【やさしい株式入門】ローソク足の応用編①

【やさしい株式入門】ローソク足の応用編①

ローソク足の応用編① ローソク足には代表的なパターンがあります。例えば、隣り合ったローソク足同士の組み合わせが、「つつみ線」「はらみ線」。その名前の由来もとてもユニークです。 ヒゲがまったくないから「丸坊主」 「丸坊主」…

ローソク足【やさしい株式入門】「ローソク足」の見方は?

【やさしい株式入門】「ローソク足」の見方は?

「ローソク足」の見方は? 一見複雑そうに見える「ローソク足」。ですが、いったんそみ見方をマスターしてしまえば、今後の投資判断に欠かせないツールとなるでしょう。 ローソク足はかなり長い歴史を持っている? 株価チャートの定番…

かい離率【やさしい株式入門】「かい離率」で株価反転のポイントを読む

【やさしい株式入門】「かい離率」で株価反転のポイントを読む

「 かい離率」で株価反転のポイントを読む 移動平均線から大きく「かい離」した株価はやがて必ず修正されるという経験法則に基づいているのが、「かい離率」を使った分析手法です。 絶妙な距離を保つ株価と移動平均線 「かい離率」と…

出来高【やさしい株式入門】「出来高」で相場の流れが分かる

【やさしい株式入門】「出来高」で相場の流れが分かる

「出来高」で相場の流れが分かる 株価が上昇するためには、投資家のエネルギーが必要です。そのエネルギーの大きさでを計る基準となるのが「出来高」です。 出来高と株価の上下は比例関係が原則 「出来高」とは、売買成立時に打ち手か…

ゴールデンクロス【やさしい株式入門】「ゴールデンクロス」と「デットクロス」

【やさしい株式入門】「ゴールデンクロス」と「デットクロス」

「ゴールデンクロス」と「デットクロス」 2本の移動平均線の組み合わせが生み出した定番の「買いのシグナル」と「売りのシグナル」について、実際にチャートを使ってみて見ましょう 2本の移動平均線が生み出したセオリー 「移動平均…