TAG 株のはじめ方

【やさしい株式入門】PCFR(株価キャッシュフロー倍率)で成長力を読む

【やさしい株式入門】PCFR(株価キャッシュフロー倍率)で成長力を読む

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)で成長力を読む 「PCFR(株価キャッシュフロー倍率)」はキャッシュフローを意識した指標です。企業の成長力を的確に判断することができるので非常に役立つ、重要な指標のひとつです。 PCF…

【やさしい株式入門】ROA(総資産利益率)で分かる総合的な収益性

【やさしい株式入門】ROA(総資産利益率)で分かる総合的な収益性

ROA(総資産利益率)で分かる総合的な収益性 総合的な収益性を見るための指標が「ROA(総資産利益率)」。現在では「ROA(総資産利益率)」の改善も経営目標に掲げられています。 ROA(総資産利益率)は全資産での収益性 …

【やさしい株式入門】ROE(株主資本利益率)で収益性が分かる

【やさしい株式入門】ROE(株主資本利益率)で収益性が分かる

ROE(株主資本利益率)で収益性が分かる ROEは、株主の出資した資金が効率よく活用されているかを見るための指標。経営者にとっては企業運営の成績としての意味を持っている。 アメリカで重視され指標 「ROE(株主資本利益率…

【やさしい株式入門】EPS(一株当たり利益)とBPS(一株当たり株主資本)

【やさしい株式入門】EPS(一株当たり利益)とBPS(一株当たり株主資本)

EPS(一株当たり利益)とBPS(一株当たり株主資本) 「一株当たり利益」を表すEPSと「一株当たり株主資本」を表すBPS。どちらもファンダメンタルズ分析のベースとなる指標です。 EPSで企業の成長力が見える EPSとは…

【やさしい株式入門】PBR(株価純資産倍率)で分かる底値圏

【やさしい株式入門】PBR(株価純資産倍率)で分かる底値圏

PBR(株価純資産倍率)で分かる底値圏 「PER(株価純資産倍率)」は、純資産をもとに株価のお買い得感を分析する指標。株価が株主の「持ち分」に対して何倍のプレミアムがついているかを表しています。 株価のお得感を分析 PE…

【やさしい株式入門】PER(株価収益率)が低いと買い時?

【やさしい株式入門】PER(株価収益率)が低いと買い時?

PER(株価収益率)が低いと買い時? 「PER(株価収益率)」の特徴は、どんな規模の企業であっても、同じ基準で比較できることです。通常では「PER(株価収益率)」が低いほど株価が割安であると考えてられていますが。このコー…

【やさしい株式入門】業績を分析するのに役立つキーワード「回転率」

【やさしい株式入門】業績を分析するのに役立つキーワード「回転率」

業績を分析するのに役立つキーワード「回転率」 「回転率」を使えば企業の業績を分析するのにとても役立ちます。回転率を使った基本の指標についてみていきましょう。 回転率を使った指標 「株主資本回転率」以外にも「回転率」を使っ…