PR

複眼経済塾の評判は?口コミから徹底調査!

複眼経済塾

目次

サイト管理者 小島
サイト管理者 小島
今回は口コミを参考に複眼経済塾を調査していきました!

 

複眼経済塾は、四季報読破を20年以上続けている”渡部 清二(わたなべ・せいじ)氏”が代表取締役及び塾長を務める投資塾です。

2024年3月で辞任してしまいましたが、エミンユルマズ氏が所属していたことでも有名ですね。(⇒エミンユルマズ氏の詳細記事はこちら

そんな複眼経済塾では、投資の三種の神器「会社四季報、日経新聞、指標ノート」を使って、投資判断を正しく行えるための方法を学ぶことができます。

公式サイトではその仕組みを自動車教習所に似ているとしていましたね。

 

では一体、複眼経済塾は利用者にどのような評価をされているのか。

詳しい口コミを調査していくと下記のような事が明らかになってきたのです。

 

会員の口コミ評判
匿名
複眼経済塾を利用したことで、四季報を上手く読めるようになりました。

やっぱり四季報読破のノウハウは大きいですね。

 

会員の口コミ評判
匿名
複眼経済塾は、投資の三種の神器「会社四季報、日経新聞、指標ノート」を使って、学べる投資塾のようなものです。

詳しい銘柄を教えてくれるサービスとはまた違うので、そこだけは注意が必要ですね。

 

四季報読破を20年以上続けている渡部 清二氏が代表を務めているだけあって、四季報関連の口コミが非常に多かった印象です。

そのため今回は、ネット上で散見された口コミを参考に複眼経済塾の利用料金や学べる内容を徹底的に調査していきました!

 

管理人小島一押し情報!

口コミ評価のいい投資情報源をお探しですか?

それならおすすめの情報源は下記株情報サイトになります!

満点口コミ多数!

平均二倍急騰実績多数!

短期急騰見込みの銘柄情報を今限定で無料配布中!

口コミで高評価!No.1優良サイトをみる!

 

複眼経済塾の会社概要は?

 

複眼経済塾の会社概要は下記のようになっています。

 

会社名複眼経済塾株式会社
所在地【本社】
162-0843
東京都新宿区市谷田町3-13
神楽ビル2階【スタジオ】
162-0843
東京都新宿区市谷田町3-13
神楽ビル2階
電話番号03-6280-8451

 

複眼経済塾の講師は?

 

【常勤講師】
◎代表取締役・塾長 渡部 清二
◎取締役シニアESGアナリスト兼事務局長 瀧澤 信
◎取締役・メディア局長 小笹 俊一
◎元・国際テクニカルアナリスト連盟理事・副会長  羽田重年
◎元『会社四季報』編集長 山本隆行

 

【ゲスト講師】
◎小売業担当の元・トップアナリスト  佐々木泰行
◎キャリアコンサルタント、社会保険労務士 大久保佳子
◎ファイナンシャルプランナー(AFP)松田梓

 

複眼経済塾の利用料金は?

 

複眼経済塾のコースは『予科』『本科』『本科プラスに別れています。

利用料金は月4,950円〜27,500円と、幅広く設定されていましたね。

 

【コース名:予科】
月額払い 4,950円(消費税込)

初級の方、これから投資を始める方など、基礎を学びたい方の講義に特化したコース。

基礎コースのため、複眼経済塾の主軸講義である「月例会」等はご覧いただけません。

まずは初歩を学んでから本科に進みたい方にお薦め。

 

 

【コース名:本科】

複眼の主軸コース。塾生の8割がこのコースに在籍。最重要講義である「月例会」や「複眼ポートフォリオレビュー」など、投資を実践するための講義が満載。合宿、ツアーや懇親会も本科より参加いただけます

月額払い 16,500円
年額払い 162,000円(月額換算:13,500円)消費税込

 

【コース名:本科プラス】

月額払い 27,500円
年額払い 264,000円(月額換算:22,000円)消費税込

最上級コース。全てのワークショップが追加料金無しで受け放題。全イベント優先申込。プラス限定イベントと講義に、四季報ONLINEプレミアムが付いて、このお値段はお得!最もディープに複眼を使いこなしたいなら本科プラス。

 

複眼経済塾の投資の三種の神器とは?

 

複眼経済塾では、投資の三種の神器「会社四季報、日経新聞、指標ノート」を使って投資を学びます。

 

【投資の三種の神器とは】

会社四季報とは…企業の特 色や注目材料、業績、財務内容、株価の動きを一冊にまとめた書籍。

日経新聞…国内外の景気動向や企業業績、設備投資、経営戦略などマクロ・ミクロの経済情報を掲載した新聞。

指標ノート…複眼経済塾オリジナルの毎日の指標を記入していくためのノート。
オンラインショップで販売されていて料金は税込みで600円。

 

複眼経済塾の実力は?

 

複眼経済塾の実績は一般向けに公開されていませんでした。

しかし複眼経済塾のYouTubeチャンネルに投稿されていたこちらの動画をみていくと、アツアツ銘柄コンテンストを実施している事が分かりました。

こちらのコンテンストでは塾生が複眼経済塾で学んだことを活かして、渾身の1銘柄を四季報の中からピックアップするというものなのですが…一番の好成績ではプラス110%にもなったようです。

つまりそれだけ優良な銘柄を発掘する為の情報をレクチャーしてくれる、経済塾という事ですね。

 

サイト管理者 小島
サイト管理者 小島
実力のある株情報サイトをもっと知っていきたいという場合は、下記株情報サイトランキングも是非ご覧になってみて下さい。

 

今なら実力派株情報サイトから短期急騰見込みの銘柄情報を無料で貰えますよ。

 

無料コンテンツ多数!優良株情報サイトランキングをみる

 

複眼経済塾の書籍は?

 

複眼経済塾は、2018年から書籍を出版しています。

 

発売日書籍名
 2018/6/15会社四季報の達人が教える、10倍株・100倍株の探し方
2022/12/6会社四季報の達人が全力で選んだ 10倍・100倍になる!超優良株ベスト30 (SB新書)
2022/12/19四季報を100冊読んでわかった投資の極意
2023/2/2510倍株の転換点を見つける最強の指標ノート
2023/2/28本物の長期投資でいこう!40年に一度の大チャンスがやってくる
2023/9/1『会社四季報』で発見 10倍稼ぐ!ESG株
2023/12/7プロ投資家の先を読む思考法
2024/4/18こんなに面白い!日本の化学産業

 

会員の口コミ評判
匿名
私は投資歴7年目ですが、今まで独学で何となくやっていました。改めて投資の本質、初心に立ち返る事ができたこと感謝しています。世の中の為に自分に出来る事を改めて考えさせられる良き一冊です。

【本物の長期投資でいこう!40年に一度の大チャンスがやってくるレビュー】

 

会員の口コミ評判
匿名
25年間会社四季報を完全読破した著者が書いた、会社四季報を活用した銘柄選びの新書。

会社四季報の読み方の解説本かと思ったら、企業の株のタイプを5分類する観点で、それぞれを会社四季報から読み取るというやり方が、個人的には非常に斬新でした。

【会社四季報の達人が教える 誰も知らない超優良企業 (SB新書)】

 

複眼経済塾の入塾時期・退会方法は?

 

複眼経済塾の入塾時期は、1月期(1月1日開講)、4月期(4月1日開講)、7月期(7月1日開講)、10月期(10月1日開講)の年四回となっています。

1月期の申込期間は12月、4月期の申込期間は3月、7月期の申込期間は6月、10月期の申込期間は9月となっているので、入塾したいという方は予めタイミングを図った方が良いでしょう。

次に退会方法ですが、複眼経済塾では“退塾”というようです。

退塾の手続きは、マイページにログイン後、一番下までスクロールした後にその項目があると書いていました。

解約は、解約手続きを行った日の月末までの利用となります。

 

まとめ

 

会員の口コミ評判
匿名
いかがだったでしょうか。以上が複眼経済塾の調査結果になります。

 

投資の三種の神器「会社四季報、日経新聞、指標ノート」を使って、投資判断を正しく学ぶための複眼経済塾。

口コミを参考に詳しく調査させて頂きましたが“悪質”や“詐欺”といった口コミは見受けられず、優良な運営をしている経済塾だという事が分かりました。

利用料金も月4,950円〜27,500円と、そこまで高額な設定もされていませんからね。

また指標ノートなど。

販売されている専用アイテムのような物も、高額な料金設定ではないので、長期投資で悩まれている方は利用しやすい経済塾だと思います。

 

ただ複眼経済塾は、あくまで投資のやり方を学ぶ塾ですので、詳しい銘柄情報を教えて貰える訳ではありません。

もし高騰見込みの銘柄情報を知っていきたいというような方は、下記株情報サイトがおすすめです。

今なら短期急騰見込みの銘柄情報が無料で貰えますよ。

 

口コミで高評価!No.1優良サイトをみる!